--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FOMCの反応は”上”でしたね。
ドル円は90円の抵抗線を突破しました。

FOMCの声明は次のような内容でした。

・ゼロ金利継続
・長期国債の買い入れ検討
・使用可能な方策を総動員する
・景気は今年の遅い時期に緩やかに回復し始めるが、かなりの下振れリスクはある
・物価の下落リスク、デフレ懸念

この声明で何でドルが急上昇したのか?

毎度のことながら、文章の解釈によって、ポジティブにもネガティブにも受け取れる部分がありますが、不特定多数の投資家が参加する為替市場、明確な回答なんて、計算式のように出るわけありません。よってアナリストが解析するわけです。

いろいろな要因が指摘されていましたが、主因とされているものを記載します。

1) 「長期国債の買い入れ」が"確約"ではなく、"検討"だったことで、国債が失望売り。
  国債価格が下落したことにより、長期金利が上昇、ドル買いが強まった。

2) サプライズ的なネガティブ発言が特になかったことによる安心感によるドル買い。

3) 「使用可能な方策を総動員する」という強い姿勢による、将来的な金融政策期待。

昨夜のトレードですが、鬱気味で調子がでないので、枚数を抑えてトレードに参加。
せこいトレードを連発して、塵も積もれば5000円。
どうしても負けたくない気分だったので、利益よりもとにかく勝ちにこだわりました。

89.55 Long1枚 → 89.80 +2510円
89.75 Long1枚 → 89.55  -2040円
89.64 Long1枚 → 89.82  +1830円
89.72 Long2枚 → 89.77  +1000円
89.75 Long2枚 → 89.82  +1400円

日付  回数  収支
----------------------------------------
1/28  5    +4700円

1月合計 11勝7敗 +62510円

さて、今日も朝一トレードはなし。
起きたらAM.8:00、寝坊してしまいました、朝一は大きなチャンスがあったようです、、、、。
90円前半まで落ちたら買いを入れようと、電車の中で携帯で淡々とチャンスをうかがっていたのですが、その後は一方的に上昇、あきらめました。

さて、ドル円相場は午前中に一旦は90.60まで上昇するも、徐々に下落。
午後には90円を割り込んで89.65まで下落しました、クロス円も売り圧力が強いようです。

実は「衝動買い」してしまいました。

昼休みの終了する直前、レートを確認すると90円前半まで下落しているではないですか。
朝一トレードでチャンスを逃したイメージを引きずっており、思わず「安い」とLongを入れてしまったのです。しかし結果は無残に、一時間もたたないうちにStop決済。

90.22 Long 2枚 → 89.68 決済 -10860円

何をやってるんだか、、、、朝一と状況が違うでしょうが、状況が!
しかも、ニュースもチャートも見ないでトレード、まさに「衝動買い」です。

昨日、コツコツと積み重ねてきた利益をいとも簡単に吐き出してしまいました。
馬鹿ですねぇ。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hokuto6.blog95.fc2.com/tb.php/60-05267789
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。