--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FX関連のブログなどで、100Pips抜いた!などと記載されている文章を見かけます。
ドル円など、円がらみの通貨ペアでは1円分の差益を得たことは直感的にわかりますが、円がからんでいない通貨ペアでも使われていたりします。
ではPipsの定義は、そもそもどういうものなのでしょうか。

Pips は"ぴぷす"と読みます。
取引レートの最小単位、"ポイント"とも呼ばれることもあり、表示されているレートの最小桁を表わします。

例)
ドル/円では、100.05 など小数点第2位まで表示され、1pips = 0.01円(1銭)となります。
ドル/円 100.05 が 100.10 に上昇した場合、5pips上昇したことになります。
従って、1万通貨購入した場合、10000通貨×5pips×0.01円 = 500円 の利益が出たことになります。

では円がからんでいない通貨ペアはどうなるのか?

ユーロ/ドルでは、1.3005 など小数点第4位まで表示され、1pips = 0.0001ドルとなります。
ユーロ/ドル1.3005 が 1.3010に上昇した場合、5pips上昇したことになります。
従って、1万通貨購入した場合、10000通貨×5pips×0.0001ドル = 5ドルの利益が出たことになります。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hokuto6.blog95.fc2.com/tb.php/49-7258cabf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。