--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
評価:★★☆☆☆(2点)

ターミネーター2からターミネーター4へつなぐためのエピソードを描いたドラマです。
ターミネーター3はパラレルワールドでのお話ということになるらしいです。
まぁ、3については全く記憶に残っていないほど失望したので、それはそれでよかったような気がします。

以下、ネタバレ注意。

かなり期待して見たのですが、今のところ期待外れ感が強いです。
ストーリーは次の点を中心に進められます。

・止めたはずの”審判の日”が復活したことによる謎解き、再度阻止へ
・新たに送り込まれたターミネーターとの戦い
・ジョンを守るために来た美少女型ターミネーターの活躍と目的
・ジョンの成長(親離れ?)

相変わらず、鬼ごっこ→ドンパチのパターンなので斬新さはありません。
また、違和感が残る描写があり、突っ込みたくなるところも少なくありません。

・美少女型ターミネーター「キャメロン」は、登場当初は表情豊かで、可愛くキュートな女の子だったのに、ターミネーターだと名乗った時から突然、無口、無表情、冷徹、になってしまう。
なんかわざとらしくて嫌だ。

・「ターミネータは頭部のチップさえ残っていれば、自己修復機能で復活する」って、エヴァの使途ですか?

・敵方ターミネータが旧式なのはまだ目をつぶるとして、皮膚が全部禿げてしまい、復活させるための過程を描いたエピソードがある。
怪しげな計算式など、未来の技術を科学者に見せ、人工的に細胞を生成したり、整形手術を受けたり、とリアリティを出しているが、でもそしたら、液体金属なのに、自由自在に人間に化けられたT-1000の技術はなんなのさ、超越しているよー、とか。

まぁ、まだ4話しか見ていないので、これから先どうなっていくのか。
ターミネータファンとして、期待していきたいと思います。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hokuto6.blog95.fc2.com/tb.php/22-c8d0f9ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。