--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/15/2011    凡人とは
会社の昔の同僚のブログを日々見ている。
彼はサラリーマンを辞めて、今はプロのミュージシャンとして活動している。

当時、同じプロジェクトで仕事としており、彼は自分の直属の上司という立場だった。
仕事は抜群にできた、でも彼は自分の本職は音楽であり、会社の業務は副業だという。
音楽活動のために、有休を取ることも多く、時には長期休暇をとることもあった。
それでも、彼は誰からも慕われ、誰からも頼られ、誰からも評価された。

当時の自分は、そんな彼を妬み、疎ましく思っていた時期があった。
何故、毎日皆勤して、まじめに働いている自分ではなく、彼なんだと。
何故、彼は二束のわらじを履いているのに、そんなにも才能が溢れているんだと。

彼は同じプロジェクトという間柄、自分にはよく声をかけてくれた。
食事や酒の席など頻繁に誘ってくれたが、自分は適当な理由を付け、極力避けていた。

彼は、わずか数年のうちに、若くして副部長という役職まで上り詰めたが、
業務が忙しくなることで、音楽活動に支障が出るという理由で、突然辞めてしまった。
高いサラリーを捨ててまで、音楽活動にこだわる彼を、当初はみんで驚いたものだった。

しかし今、彼はブログの中で、自分は幸せだと言っている。
沢山の仲間に恵まれ、好きな音楽で生活できていることを心から感謝しているという。
だが、常に順風というわけではない。
失敗し、苦しんで、落ち込んで、挫折して、、、障害の連続だ。
でも彼は、そんな物事を全て正面から受け止め、感じ、打開するにはどうしたらいいのか、悩み、考え、行動していく。

当時、自分は彼の才能は天性のものであり、自分のような凡人はどんなにまじめに頑張っても報われないと思っていた。
しかし違った。
彼は、自分が遊んでいる時間も、寝ている時間も、努力していた、必死で努力していた。
仕事も、音楽も、そして人とのコミュニケーションに関するスキルも、、、、。
彼は天才ではなく、凡人だったのだ。

そんなアグレッシブな彼のブログを読み、身近にこんな凄い人がいたことに感動し、
そして当時、彼を避けるようにしてきた事実を後悔している。

周りが変われば自分も変わる、という言葉があるが、、、
もし、当時自分が彼を受け入れ、積極的にかかわりを持っていたら、人生も変わっていたのではないだろうか。
当時の自分が情けなく、恥ずかしく感じる。

これから先、彼に出会うことはもう、ないかもしれない。
でもブログを通じ、彼の考えは共有していきたい、それだけの価値はある。

そして少しでも、自分を変えることができたのであれば、彼のブログにコメントの1つでも入れたい。
自分も苦しみ、目標に向かって、頑張っていることを。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hokuto6.blog95.fc2.com/tb.php/150-94b7fd25
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。