--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/08/2011    白昼夢
辛い、とてつもなく辛い。
心と体がばらばらになるような感覚。
何もやる気がおきない、脱力感、焦燥感、圧迫されるような感じ。
いてもたってもいられず、気が狂いそうになる。
これをしのげる唯一の逃げ道は寝ることだけ。。。

ひたすら眠り続ける。
寝てる間は自分を保っていられる。
昼間の夢は不思議なものが多い。

見たことのない会社にいる夢を見た。
そこで、自分の部署の部屋を探している。
何故か、服装はTシャツに短パン。

とあるドアを開けると、ビシッとしたスーツでみんな生き生きと働いている。
「すみません、間違えました」自分はいそいそと部屋を出て行く。

廊下で出会ったのは、昔働いていた経理の女の子と、同期の社員の男子。
あのときの姿のままだ。
「あー、久しぶり、こんな格好でゴメンネ。。。」
女の子は軽く笑いかけ、男子と楽しいそうに話しながら去っていく。

ああ、ここだとたどり着いたドアをあけると、真っ暗な部屋、誰もいない。
電気をつけると、部屋の真ん中に、学校机がポツンと置いてある。
誰もいないことに、妙にホッとする自分。

机の上には、トトロの人形が置いてある。
「XXXにお土産買ってやるって約束したっけな、これ喜ぶかな。」

-------- 目が覚める。
夢の中で子供の存在を意識したことってあまりない。
でも、なんかとても子供がいとおしくなる。

自分はまだ、終わっちゃいけないんだよね、きっと。
そう思うと、少し落ち着いた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hokuto6.blog95.fc2.com/tb.php/149-d4464304
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。