--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いままでトレードスタンスについて、特に紹介していませんでした。
明確なスクリプトがあるわけではないので、トレードルールを箇条書きにしました。

基本スタンス

・経済指標、経済関連ニュース等を材料とする裁量トレード。

対象通貨ペア

・「ドル円」のみ。

テクニカル

・基本的には、テクニカル手法は使用しない。
・ローソク足チャートは使用、5分足、1時間足、日足。
・エントリーやクローズの指針として、ローソク足チャートでトレンドは確認する。
・レジスタンス、サポートラインは、Stop/Limitの重要な指針にする。

朝一トレードルール

・エントリー後、必ずStop、およびLimitを入れる。
 レジスタンス/サポートラインは参考にするが、基本は30Pips程度を目安。
・ポジションサイズは2枚、自信があるときは3枚。
・昼休みまでに指値に刺さらなかった場合、ポジションは必ず閉じる。

夕刻以降のトレードルール

・エントリー後、Stopは設定するが深め。(システムトラブル等の万が一の事態への対応)
 基本的に、決済は相場の流れを意識しながら、裁量で行う。
・米国の経済指標の前には、ポジションは必ず閉じる。
・指標発表直後のエントリーは行わない。
 相場の方向性を見極めてからの、押し目買い、もしくは戻り売り狙いが基本。
・就寝前に、ポジションは必ず閉じる。
・ポジションサイズは2枚、自信があるときは3枚、勝負トレードでは5枚。


将来的に、ずっとこのスタンスでトレードしていくつもりはありません。
(むしろ今のスタンスと正反対の)テクニカル手法を使用したシステムトレードも考えています。

FXで今後も生き残っていくためには、テクニカルもファンダメンタルも必要だと考えています。
でも両方を使ってトレードできるほど、現在の自分はスキルはありません。
きっと中途半端な形になってしまうと思います。

そこで今年はファンダメンタルに絞ってトレードしていくことに決めました。
(サブプライムショック後、テクニカルが通用しにくい地合いになっていることもあります。)

来年には相場も落ち着いてくると思うので、次はテクニカルを中心にトレードする予定です。
3年後から両方の手法を臨機応変に導入した、トレードモデルを構築したいと思っています。

最終目標は5年後です。
このときには年300万ぐらいの利益を安定してあげられる、トレーダーになりたい。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hokuto6.blog95.fc2.com/tb.php/128-cc0c4797
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。