--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分はいい年こいて、貯金はほとんどありません。
FXの運用金を除くと、2つの銀行の普通預金に、それぞれ10万円と5万円の合わせて15万。
定期預金や郵便貯金はゼロです、幸いにも借金はありません。

なんでお金が溜まらなかったかというと、ほとんどパチンコに遣ってしまったからなのです。
一時期は食費を惜しんでまで、ホールに通っていましたからね。

ギャンブル依存症を克服し、ようやく足を洗えたのが3年前ぐらいです。
19歳から初めて15年余り、損失の合計は2000万円は下らないと思います。

初めは暇つぶしが、だんだん熱が入り、遣う金額も大きくなり、最後はキャッシングまでして、、、、典型的なパターンです。

今日は、過去どんな機種にはまって、どのぐらいの金額を遣うようになったのか、
振り返ってみようかと思います。

1) 学生時代

月1万円程度。羽根物中心。
スタジアム、マッハシュート、ビートル、グレートキャノン、とか、知ってる人はマニアです。

2) 社会人 その1

月5万円程度、ボーナス5万円程度。スロットにはまる。
コンチネンタル、コンチネンタルⅢ、アラジンⅡ、連チャン機全盛です

3) 社会人 その2

月15万円程度、ボーナスほとんど。権利物、連チャンデジパチにはまる。
アレキング、ダイナマイト、フィーバークィーン、花満開

4) 失業中

月30万円、このときは勝っていた、技術介入型スロットにはまる。
クランキーコンドル、ゲッターマウス、タコスロ

デジパチにもはまる。
モンスターハウス、大工の源さん、バトルヒーロー

5) 社会人 その3

月5万円程度、ボーナス10万程度、デジパチにはまる。
新海物語

6) 社会人 その4

給料ほぼ全部、ボーナスほぼ全部、キャッシング、とにかくAT機にはまる。
獣王、アラジンA、コンチ4X、ミリオンゴッド

2)の時期と6)の時期が酷かったですね。
失業していた時期は、一番おいしかった時期で、共感できる方も多いかと思います。
そのために転職が遅れてしましたけど。

失業時はいろいろな経験しました、死にかけたこともあったし。
話題が尽きませんが、この話はまたいずれ。
改めて、振り返ると無駄な人生を送ってきたなと思います。

今、お金なくてヒイヒイいってるけど、結婚できて、子供までいるのは幸せなのかもしれません。
ギャンブルで人生破滅する人は山のようにいますからね。

そう考えると、少し鬱が治ってきました。



  • 【FXコラム】円高、円安

  • 【FX】1月のトレード終了


  • スポンサーサイト
    FXやってて、円高、円安が分からないわけないだろう?と言われるかもしれません。
    では、円高になると、何故輸出企業が損をして、輸入企業が得をするのか、初心者にわかるように説明してみて、と言われると、意外とうまく説明できなかったりします。

    今回は、敢えて「円高、円安」をテーマにしてみました。

    円高/円安とは、市場の取引における円の価値を指します。
    円の需要が高まり、円買いが多くなると円高となります。
    逆に、円売りが多くなり、円の価値が低くなると円安となります。

    ドル円レートで考えると、、、、
    1ドル100円のレートが1ドル99円になると円高、1ドル101円になると円安になるといいます。。
    円高になると輸入企業が得をし、輸出企業が損をします。
    円安になると輸出企業が得をし、輸入企業が損をします。

    日本は外需に依存する比率が高いので、円高になり輸出企業が損をすると、国内の景気が悪くなると言われます。

    円高時の輸出企業、輸入企業の影響を、次のような例で説明しておきます。

    輸入企業:

    ・輸入企業は、商品を買いつける際、米国企業にドルを支払う。
    ・ドルを調達するためには、円をドルに換金する必要がある。
    ・円高になり、1ドル100円で換金していたのが、1ドル99円で換金できるようになった。
    ・換金時、1ドルあたり1円得したことになる。

    輸出企業:

    ・輸出企業は、米国企業に商品を販売し、代金をドルで受け取る。
    ・従業員に給料を払うため、受け取ったドルを円に換金する必要がある。
    ・円高になり、1ドル100円に換金できたのが、1ドル99円の換金になってしまった。
    ・換金時、1ドルあたり1円損したことになる

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
    結局、指標にはあまり反応しませんでした。
    拍子抜けです、まぁ強弱まちまちということもあるのでしょうが。

    GDP→強
    シカゴPMI→弱
    ミシガン大信頼感指数→弱

    ダウも100ドル強下落しましたが、円買いは限定的。
    ドル円は89.50~89.90のレンジに入っています。

    それならばと、レンジ内で20Pips程度をこつこつ稼ぐことに。

    89.54 Long2枚 → 89.85 +6220円
    89.85 Short2枚 → 89.70 +3040円
    89.62 Long2枚 → 89.80 +3600円
    89.85 Short2枚 → 89.97 -2440円

    日付  回数  収支
    ----------------------------------------
    1/30  4    +10420円

    1月合計 12勝8敗 +62070円

    何とか、月の最低目標は達しました。
    くだらないトレードも多かった中、勝率は6割で、+6万は上出来です。
    次月はミスを少なくしていきたいと思います。

    おーダウが急上昇して、ドル円90円復帰しましたね。
    眠いのでトレードは終了です。。。。Zzzz

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
    01/30/2009    大ピンチ
    残業なし、ボーナスなし、この条件で家計を計算してみました。
    その結果、いままでのペースで消費すると月に-7万円の赤字が出ることがわかりました。
    昨年は残業代だけで月8万近くあったので、その分が丸々赤字になることになります。
    しかもボーナスが期待できない、生活費を削るにしても月7万って半端じゃない金額だ。

    無理してマンションを買ったツケが来ていることを実感しました、住宅ローンの返済がきつい。
    しかも、車のローンもあるし。
    貧乏人が人並みの生活しようとしたのが間違いだったのか。

    しかも来年度になれば、また固定資産税に自動車税、子供の幼稚園費、、、、払えないぞ。
    100万円のFXの運用資金も削らなくてはならないのか?
    トレードで稼ぐって選択肢もあるが、余裕がない状態では勝てるものも勝てなくなるような気がする。

    このままだと破綻してしまう、、、、吐き気がしてきました。



  • 【FX】今夜は修羅場と化すのか?

  • 昨夜は89.50~90.30 のレンジで進みました。
    FOMCで90円の抵抗線を越え、一気に91円台かとも思われましたが、失速。
    発表される指標がことごとく予測を下回り、フォードの大幅赤字などの金業績悪化などを嫌気、ダウが大幅したことから、ドルが売られました。
    戻しては景気悪化懸念、金融危機再燃で下落、同じパターンの繰り返しです。

    それにしてもドル円90円の価値観って、とんでもなく変わりましたね。

    2年前 → あり得ない数字
    1年前 → いくらなんでも、ここまでは落ちないだろう。
    半年前 → おいおい、ここまで落ちたら、ヤバイかも。
    現在 → おぉ今日は、ドルが買われてるぞ!

    価値観って変わるものです。

    昨夜はノートPCのトラブル対処をしていたため、ノートレードです。
    何かの作業の片手間にトレードできるほど器用ではないので、そういう時は潔く休みます。

    日付  回数  収支
    ----------------------------------------
    1/29  1    -10860円

    1月合計 11勝8敗 +51650円

    さて、本日も朝一はノートレード。
    ゴトー日なので、通常なら朝一で拾って10時までLongですが、昨夜の流れから下落リスクが大きいので様子見です。

    日中は予想通り、NY株大幅下落、本邦指標悪し、トヨタ大赤字、円高、と悪材料が重なり、日経平均は大幅下落。
    リスク回避で全面円高、ドル円は89.50を割り込みました。
    ロンドンでも売り圧力が強まっています。

    そしてNYでは重要指標の目白押し、相当悪い数字が出るのではないかと、懸念されています。
    もしそうだとしたら、22:30からは修羅場と化すかもしれません。

    今夜は当然、トレードします。
    ナイアガラになった場合は次の戦法でいく予定です。

    ・第1波は無視、第2波から流れに乗って順張り。
    ・落ち切った後の反発狙い。
    ・月曜日の朝一狙い。

    うーん、どうしてもネガティブなパターンしか想像できません。
    上に振れた場合は考えていませんが、上昇時は下落時より慌てる必要はないので、臨機応変に対応できるのではないかと思います。

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
    01/29/2009    ブルースクリーン
    帰宅後、ノートPCを起動しようとしたら、何とブルースクリーン。
    STOPエラーが発生してWindowsが起動しません。

    スイッチ入れなおして、"前回正常時の起動"から試しても同じ。
    BIOSでエラーが発生しているみたいな文章が表示されている、、、これってヤバイんじゃ。
    そういえば、帰りの満員電車の中で押されて、カバンの中でミシッて音がしたような...。

    というわけで、この文章は自宅のデスクトップPCで書いています。
    この後、何とか復旧できないか調べることにします。


    一気に3ファイルの作成は、会社帰りでは、しんどくなってきました。
    今後は、分散して順次、アップロードすることにします。



  • 【FX】FOMCで何故ドル高?~衝動買い

  • 【DVD鑑賞】ハンコック
  • FOMCの反応は”上”でしたね。
    ドル円は90円の抵抗線を突破しました。

    FOMCの声明は次のような内容でした。

    ・ゼロ金利継続
    ・長期国債の買い入れ検討
    ・使用可能な方策を総動員する
    ・景気は今年の遅い時期に緩やかに回復し始めるが、かなりの下振れリスクはある
    ・物価の下落リスク、デフレ懸念

    この声明で何でドルが急上昇したのか?

    毎度のことながら、文章の解釈によって、ポジティブにもネガティブにも受け取れる部分がありますが、不特定多数の投資家が参加する為替市場、明確な回答なんて、計算式のように出るわけありません。よってアナリストが解析するわけです。

    いろいろな要因が指摘されていましたが、主因とされているものを記載します。

    1) 「長期国債の買い入れ」が"確約"ではなく、"検討"だったことで、国債が失望売り。
      国債価格が下落したことにより、長期金利が上昇、ドル買いが強まった。

    2) サプライズ的なネガティブ発言が特になかったことによる安心感によるドル買い。

    3) 「使用可能な方策を総動員する」という強い姿勢による、将来的な金融政策期待。

    昨夜のトレードですが、鬱気味で調子がでないので、枚数を抑えてトレードに参加。
    せこいトレードを連発して、塵も積もれば5000円。
    どうしても負けたくない気分だったので、利益よりもとにかく勝ちにこだわりました。

    89.55 Long1枚 → 89.80 +2510円
    89.75 Long1枚 → 89.55  -2040円
    89.64 Long1枚 → 89.82  +1830円
    89.72 Long2枚 → 89.77  +1000円
    89.75 Long2枚 → 89.82  +1400円

    日付  回数  収支
    ----------------------------------------
    1/28  5    +4700円

    1月合計 11勝7敗 +62510円

    さて、今日も朝一トレードはなし。
    起きたらAM.8:00、寝坊してしまいました、朝一は大きなチャンスがあったようです、、、、。
    90円前半まで落ちたら買いを入れようと、電車の中で携帯で淡々とチャンスをうかがっていたのですが、その後は一方的に上昇、あきらめました。

    さて、ドル円相場は午前中に一旦は90.60まで上昇するも、徐々に下落。
    午後には90円を割り込んで89.65まで下落しました、クロス円も売り圧力が強いようです。

    実は「衝動買い」してしまいました。

    昼休みの終了する直前、レートを確認すると90円前半まで下落しているではないですか。
    朝一トレードでチャンスを逃したイメージを引きずっており、思わず「安い」とLongを入れてしまったのです。しかし結果は無残に、一時間もたたないうちにStop決済。

    90.22 Long 2枚 → 89.68 決済 -10860円

    何をやってるんだか、、、、朝一と状況が違うでしょうが、状況が!
    しかも、ニュースもチャートも見ないでトレード、まさに「衝動買い」です。

    昨日、コツコツと積み重ねてきた利益をいとも簡単に吐き出してしまいました。
    馬鹿ですねぇ。

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
    01/29/2009    【DVD鑑賞】ハンコック
    評価:★★★☆☆

    面白かったというより、楽しかったと言った方が正しい表現かもしれません。
    ウィル・スミスが空を飛んだり、着陸で道路を壊したり、車投げたり、走ってる電車止めたり。
    SFXは本当に素晴らしかったですね、巨額をかけただけあります。
    逆にこれがしょぼいと、どうしようもないB級映画になり下がってましたけど。

    以下ネタバレ注意。

    女性の超人は必要なかったと思います。
    その辺から内容がつまらなくなります、ハンコックが改心するところまでは最高だったのに。

    後半は前半と変わってシリアス路線、変にストーリーをひねっていています。
    王道ですが、悪役超人でも出して、壮絶なバトルさせるだけで十分面白かったのに、何故、恋愛、お涙頂戴路線にいくのか...。

    あと、キーパーソンである、レイとその子供アーロンの影が薄すぎ、存在感がまるでない。
    というかウィル・スミスの存在感が相変わらず圧倒的でした、この人は本当に凄いね。

    01/28/2009    カウントダウン開始
    最近、暗い話ばかりですみません、でも、今日もそのたぐいの話になります。

    緊急の社員総会がありました。
    世界的な大不況の影響が、ついに自分の会社まで及んだのです。

    連日TVで傍観していた、派遣切りの報道。
    製造業では正社員までがリストラ対象になりつつある、との報道でも人ごとだと思っていました。
    しかし、自分が考えていた以上に状況は深刻でした。

    「第4四半期は、大幅赤字に転落することが予想されます。」
    「従業員の皆さんにも、いろいろとお願いしなければならない状況になりました。」
    「痛みを分かち合って、耐えなければなりません。」
    「特に間接業務のコストは、大幅に削減せざるを得ない状況です。」
    「来年度は大規模な組織改編を行う予定です。」

    社長の口から出るのは悪い話ばかり。

    ボーナスカットは当然、正社員のリストラも、いつ行われてもおかしくない状況のようです。
    ましてや自分は間接部署、真っ先にリストラの対象になる可能性があります。

    不況で転職市場は閑散としているので、しばらく活動は保留して、転職活動は景気の回復状況を見ながら、、、、なんて甘い考えをしていました。
    下手したら、それを待たずして退職なんて事態も現実味を帯びてきました。

    自分の中で、"何か"のカウントダウンが始まったような気がしました。



  • 【FX】FOMCで、どう動くか

  • 【FX書籍】FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?
  • 昨夜、米消費者信頼感指数が過去最低の落ち込みをみせると、景気後退深刻化懸念が一気に強まり、ドル円は88.40まで急落しました。
    しかし88円前半では買い意欲が強く、89円前半まで押し戻される「行って来い」の状態になりました。結局レンジは、上下どちらにも抜け出せず。

    チャートで日足を見ると、ここ3日間、上下の長い髭を伴った狭い実体が続いています。
    そろそろどちらかにレンジブレイクする気配がプンプンしています。

    さてトレードですが、ちょっとだけ行いましたが、気乗りしないので早々に引き上げ。
    結構、おいしい相場ではありましたが、ちょっと鬱になっていました。

    88.68 Long 2枚 → 88.80 決済 +2480円

    日付  回数  収支
    ----------------------------------------
    1/27  2    +6520円

    1月合計 10勝7敗 +57810円

    さて、本日は朝一トレードはなし。
    89.20付近で推移しており、このレベルだと手が出せませんでした。

    ロンドンに入っても、88.80~89.30をいったり来たり。
    今日の最大イベントはFOMC政策金利発表ですが、さすがに、そこまで起きてられません。

    金利は間違いなく据え置きだと思いますが、注目されているのは、追加金融緩和策についての発表があるか、という部分です。

    追加金融緩和策が出せない、あるいは市場を失望させるようなものだった場合、一気にリスク回避の円買いが発動される可能性があります。
    朝起きてレートを見たら全面円高で、画面が真っ赤かなんてこともあるかもしれません。

    内容によっては市場に好感され、リスク許容が高まり、円売りに流れが傾く可能性もあります。
    ただ、欧州通貨が凄い勢いで買い戻されているのが気になります。
    もしネガティブに振れた場合、積み上げていたものが一気に崩れ落ちて、クロス円大暴落なんてことも。

    明日の朝、、、怖いですね。
    何事もなく平穏にスルーされたら、逆に拍子抜けですけど。

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ


    評価:★★☆☆☆

    主にリスクコントロールの重要性と、管理方法について解説されている、入門書です。
    内容はいたってオーソドックスですが、読みやすく、わかりやすいと思います。
    初心者にはお勧めできるかと思います。

    タイトルは、損切りは早く、利確は遅くという、利大損小を誇張したものだと思いますが、ちょっと大げさすぎると思います。

    1勝9敗のペースで進めたら、普通は勝てませんよね、その前に心が折れると思います。
    それを克服し、淡々とトレードできる人は「プロ」の領域に達した人だけです。

    この人、たくさんFX本を出していますが、タイトル付けるのが本当に上手いですよね。

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
    01/27/2009    置き去りの自分
    「U野くんって覚えています?」

    取引先での打ち合わせから戻った、会社の同僚に話しかけられました。

    U野くんは、5,6年前、自分と同じプロジェクトチームで仕事をしており、当時の部下でした。
    仕事はできましたが、他のメンバーとそりがあわず、意見のぶつかり合い、言い争いが絶えず、業務に支障が出るという部長判断のもと、プロジェクトを追われることになりました。

    自分は直属上司として、彼から何度も相談を受けたんですが、力及びませんでした。
    悪い噂が流れたのか、その後、受け入れ先の異動プロジェクトが全く決まらず、最終的に彼は退社という選択をしました。

    「これって事実上のクビですよね?僕はそう思っています」

    退職を決意したときの、彼の言葉が忘れられません。
    しばらくは、自分の管理能力のなさに自己嫌悪に陥ったものです。

    「Mさん(自分です)は悪くないですよ、いろいろかばってくれて感謝しています。」

    という彼の言葉は唯一の救いでした。

    前置きが長くなりましたが、U野くんが取引先のH社ででマネージャをしていたというのです。
    自分の会社よりはるかに大手の一流企業です、そのマネージャなら部下も20人はいるでしょう。

    「Mさんは元気にしてますか?よろしく言っておいてください。」

    同僚から伝言をうけました。

    きっと彼は退社後、死ぬ気で頑張ったんでしょう。
    自分を退職に追い込んだ人たちを見返してやろう、そう思って努力したんでしょう。

    それに比べ、、、、自分は、もはや出世街道から外れた、万年主任。

    「Mさんなら、うちでもやっていけるよ」退社し大手企業に転職した仲間からの再三の誘いも、業務を放り出せない、と断り。
    その信頼していた会社に、実は自分は干されていることに気がつく。
    このままではヤバイと転職活動を始めた途端、100年に一度の世界的大不況。
    やることなすこと、全て空回り。

    あの時に戻れたなら、と思うのは一体何度目なんだろう....。
    気がつくと、置き去りにされている自分がいます。



  • 【FX】厚い90円のレジスタンス

  • 【FX書籍】シュワッガーのテクニカル分析
  • 昨日は米指標が良かったことと、英銀バークレイズの再資本注入の不必要の発表による欧州株式の上昇、各企業のリストラ策の発表、など、好材料が相次ぎ、ダウが上昇。
    ドル円も一時89.70まで上昇しました。

    しかし金融株中心に売り圧力が強まり、ダウが伸び悩むとドル円もジリジリと下落して、結局はレンジ内に収まる形になりました。

    "悪材料の多くは既に織り込んでいる、しかし好材料が出ても市場の景気先行きへの懸念は根強いため、リスク許容度はなかなか高まらない。"

    現在の相場状況を言い表わすと、こんな感じでしょうか。
    上に行きたがっている雰囲気的はありますね。

    90.00には輸出企業の売り注文、投機筋の戻り売り注文が大量に並んでおり、この厚いレジスタンスを突破するには、かなりの勢い/材料が必要だと言われています。
    逆に何度も跳ね返されるようだと、88.00に向けて円買いが強まる可能性もあると思います。

    さて、昨夜はノートレードでした。
    夜になり体調を再び崩したからです、体がだるい程度なので、深刻なものではありませんが。
    変な判断ミスを犯すと、後々後悔しますので、ここは敢えて休むことにしました。

    日付  回数  収支
    ----------------------------------------
    1/26  1    +10460円

    1月合計 9勝7敗 +51290円

    さて本日も、朝一トレードを実施しました。
    前日の好材料から、日経平均の続伸が予想されるので、リスク許容度の高まりを期待して、押し目Longです。例の如く、指値を設定して出勤。

    89.05 Long 1枚 → 89.45決済 +4040円

    エントリー時に、一瞬嫌な予感がしたので、おもわず枚数減らしてしまいました。
    チキンですね、もったいないことしました。

    ロンドンで、ドル円、一時90円付けたみたいですね。
    でもその後、戻り売りで89円前半まで下落、やはり90円のレジスタンスは厳しいようです。

    今夜は、仕事が忙しく残業していましたので、トレードを行うとしたら、夜中になりそうです。
    また、ダウに振り回されるのでしょうか。

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
    FX


    評価:★★★★★

    これもテクニカル分析では定番書籍です。
    非常に分かりやすく優秀な書籍です、価格も手ごろです。

    先に紹介しました「先物市場のテクニカル分析」と甲乙つけがたいところで、かぶっている内容も多いので、どちらか一方の購入でよいかもしれませんが、自分は敢えて両方を購入しました。

    「先物市場のテクニカル分析」の方が内容的に詳しいのですが、本書の特徴としてサンプルが非常に充実している点が挙げられます。
    実例チャートを数多く紹介しているので、イメージがつかみやすいと思います。

    また、チャート上の"だまし"について詳しい解説とチャート例があり、このセクションだけでも一読する価値はあると思います。

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
    01/26/2009    宝くじの当選確率
    昨日、年賀状のお年玉当選番号をチェックしました。

    自分と奥さんで合計70枚のうち、末当の切手シートが3枚当選。
    でもこれって凄くないですか?末当と言えども当選確率は1/100なので、理論上は3枚当てるには300枚必要なわけですから。
    ちなみに1等は100万枚に1枚と、ご丁寧に記載されていました。

    ところで、年末ジャンボ宝くじの1等当選確率lってご存知ですか?
    何と1000万分の1だそうです。
    気の遠くなる数字です、まさに"夢を買う"とは、このことですね。

    そもそも宝くじの還元率が異常に低いということをご存知でしょうか?
    なんとたったの45%!!
    つまり収益金のうち、半分以上を国や自治体に持っていかれるってわけです。

    収益金は公共事業に回すとか言っていますが、還元率については基本的に公言しません。
    それでいて高額賞金が当たります、とCMをガンガン流し、幸射心を煽っているわけですから、酷い話です。

    還元率については、パチンコ80%、競馬75%と言われていますから、こちらの方がよっぽど良心的です。自分は、この事実を知ってから、定期的に続けていた宝くじの購入を辞めました。


    下記サイトにロトや宝くじの確率が紹介されています。
    とても興味深かったので、リンクを貼らせていただきます。

    http://homepage3.nifty.com/chall/kingloto/takarakuji.html

    ドバイの宝くじは1/5000で1億円だそうです、、、太っ腹ですね。



  • 【FX】朝一は予想しやすいのか

  • 【FX書籍】先物市場のテクニカル分析
  • 月曜日は、恒例の朝一トレードです。

    いきなり下窓全開状態、びっくりの全面円高です。
    下窓開け、特に新材料なし、月曜で仲値不足の可能性、ということになれば、ここはセオリー通り窓埋め狙いのLong、問題はどこで仕掛けるかでした。

    5分足で完全に反転を意識できるところでLongしたかったのですが時間切れ、88.30付近で下髭が出現したので、ここで反発を期待してLongしました。
    会社に行かなくてはならないので致し方ありません、指値注文を設定して出勤です。

    結果は予想どおりの展開で利益を上げることができました。

    88.38 Long 2枚 → 88.90決済 +10460円

    月曜日に限らず、朝のトレードの方が圧倒的にわかりやすくて、読みやすいと思います。
    朝のトレードに集中していたら、比較的安定した利益を得ることができるのではないか、いうのは過言ではないと思います。
    逆に負けると、精神的ショックで、その日の会社業務に支障をきたすかもしれない、と控えていたのですが、リスク管理をきちんと行えば、朝一トレードもありではないかと思いました。

    逆に夕方以降のトレードでは、大勝ちしたり、コテンパにやられたり、と不安定です。
    朝と夜とのトレードで分けて、収支の管理を行ってみるのも面白いかもしれません。
    これは2月から試して、報告してみたいと思います。

    さて、午前中には89円半ばまで上昇したドル円ですが、ジリジリと下げ幅を拡大し、ロンドンでは88円半ばまで下落するも、その後反発して89円の攻防となりました。
    下値も堅いが、上値も重い、結局のところ、先週から続いている88.00~89.50の流れの継続でしょうか、株価を見つつの推移になりそうです。

    自分的には昨年12月半ば、91円の強固なサポートが破られた瞬間、一気に88円台までなだれ込んで下落した時の展開が思い起こされます。
    今回も、88円のサポートが破られれば、一気に下落して、85円を目指す流れになる可能性があるのではないかと。イベント的には水曜日FOMC、金曜日のGDPが危険信号点滅です。

    ただし、同レベルでは日銀の為替介入の警戒感が非常に強いため、円買い意欲が続かないという、指摘もされています。
    実際、先週末、日銀のレートチェックの噂が流れ、ドル円が一時的に大きく買い戻されたという報道もあり、注目されるポイントだと思います。

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ


    評価:★★★★★

    非常に有名な書籍です。
    テクニカル分析を学ぶ上での定番中の定番の本なので、ご存知の方は多いと思います。

    価格は5000円近くするので、購入に躊躇してしまうかもしれませんが、中身を読めば、元を取れるどころか安いと感じるはずです。
    非常に詳しく、非常にわかりやすく書かれており、初心者でも十分読破できると思います。
    また、中級者でも基礎の復習になるだけでなく、通常の入門書では書かれていないような非常に細かい部分にも着目しているので、読み応えがあります。

    自分はチャートパターンを読むうえでのスキル向上に、本書が非常に役に立ちました。
    購入をして絶対に損はしません。むしろ、もっと早くに読むべきだったとさえ感じると思います。

    自信を持ってお勧めできる一冊です。

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
    今日も、昨日に引き続き体調は思わしくありません。
    頭痛に微熱が続き、もしかしたらインフルエンザでは?と思いましたが、午後になって薬が効いてきたのか体調が戻りました。インフルエンザなら風邪薬が効くわけないですからね。

    結局、土日の2日間はほとんど寝ていました。
    凄く損をした気分です、そして明日から会社ですか、、、モチベーション下がりまくりです。
    しかも、朝一から会議だし、寝そうだなぁ。


    今週より、FXコラムを定期的に掲載することにしました。
    基本的には初心者さん向けの情報を発信する方向で考えています。
    間違っている内容等があれば、ご指摘ください、よろしくお願いいたします。



  • 【FXコラム】Pips とは何か

  • 【【FX書籍】デイトレで2億儲けた方法 1億損した失敗
  • FX関連のブログなどで、100Pips抜いた!などと記載されている文章を見かけます。
    ドル円など、円がらみの通貨ペアでは1円分の差益を得たことは直感的にわかりますが、円がからんでいない通貨ペアでも使われていたりします。
    ではPipsの定義は、そもそもどういうものなのでしょうか。

    Pips は"ぴぷす"と読みます。
    取引レートの最小単位、"ポイント"とも呼ばれることもあり、表示されているレートの最小桁を表わします。

    例)
    ドル/円では、100.05 など小数点第2位まで表示され、1pips = 0.01円(1銭)となります。
    ドル/円 100.05 が 100.10 に上昇した場合、5pips上昇したことになります。
    従って、1万通貨購入した場合、10000通貨×5pips×0.01円 = 500円 の利益が出たことになります。

    では円がからんでいない通貨ペアはどうなるのか?

    ユーロ/ドルでは、1.3005 など小数点第4位まで表示され、1pips = 0.0001ドルとなります。
    ユーロ/ドル1.3005 が 1.3010に上昇した場合、5pips上昇したことになります。
    従って、1万通貨購入した場合、10000通貨×5pips×0.0001ドル = 5ドルの利益が出たことになります。

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ


    評価:★★☆☆☆

    株の短期トレードの結果をブログで公開し、1億円を達成したことで有名になったカリスマトレーダー"うり坊"、雑誌やTVでも度々登場しています。
    一言でいえば、うり坊のいわば自伝書です、株の出会いから、成功、挫折など、多々のエピソードが紹介されています。

    特別な手法が紹介されているわけではないので実践書とは言えませんが、どのタイミングで、何を根拠に仕掛け、何を根拠に手じまったのかなど、成功、失敗の節目節目のトレードの内容が銘柄や金額まで公表されているのでリアリティがあります。

    大負けしてショックで退場を考えているときに、この本を読むといいかも知れません。
    一度に数100万損切りしたり、1週間に9000万負けたり、という話が出てくるので、数10万程度の損失でショックを受けていることが馬鹿らしく思えてきます。^ ^;

    読んだ感想としては、この人は天性のギャンブラーだということです。
    元は近所の店を全て出入り禁止になったという凄腕のパチプロだったとありますが、まれにみるギャンブルの才能を株の短期売買の世界に生かしているという感じです。

    元々会社経営で成功している南緒氏といい、投資、投機の世界で成功している人は、運だけではなく、ちゃんとした理由があるということを実感した瞬間でもありました。

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
    風邪を引いたみたいです。
    薬を飲んだら治るだろうと思い、午前中は外出しましたが、昼食後に帰宅してから完全にダウン。
    何とか気力で起きました、明日には何とか治ればいいのですが、、、。



  • 【FX】成長率0%

  • 【FX書籍】世界経済の風はどこへ吹くか
  • 01/24/2009    【FX】成長率0%
    昨夜は欧州市場で売り込まれたドル円、クロス円は、NY市場ではショートカバーで上昇。
    寄りつきで大幅に下落して始まったダウも下げ渋り、中盤からは上昇にに転じました。
    ドル円は買い戻しが優勢となり一時89.63まで上昇、その後、再びダウの下落、上昇に引きずられるように、一進一退を繰り返し、結局88.80で引けました。

    さてトレードの方は、またしても惨敗。
    欧州の流れを引き継ぐと思いショートで攻めたのですが、読み間違えました。
    結局、2日前と同じ負けパターン、5回トレードして3回損切りというありさまでした。

    88.40 Short 2枚 → 88.15 決済 +5020円
    88.20 Short 5枚 → 88.50 決済 -12500円
    88.70 Short 2枚 → 88.90 決済 -4080円
    88.60 Short 2枚 → 88.80 決済 -4040円
    89.03 Long 2枚 → 89.35 決済 +6400円

    日付  回数  収支
    ----------------------------------------
    1/23  5    -9200円

    1月合計 8勝7敗 +40830円

    結局、あのドル円大暴落した日に稼いだ6万円がなければ、マイナスじゃん。
    こんなトレードでは駄目だ、反省のいろがまるでない。
    同じ失敗を繰り返している、、、、。

    仕事も、FXも、そして人生も、同じ失敗を繰り返し続ける自分が情けない。
    まるで成長しません、成長率0%です、自己嫌悪です。

    トレードで失敗したポイントを整理して、見直してみようと思います。
    「落ち込む前に、行動に移せ」これも自分の"座右の銘"です。

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ


    評価:☆☆☆☆☆

    FX業者のMJに口座開設すると特典で貰えます。
    筆者は同社の執行役員。

    素人の作文ですね、読む価値ありません。
    一般の書店では置いてありませんが、たまにネットオークションに出品されているので注意してください。
    いくら安いからと言って絶対、落札などしてはいけません。

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
    01/23/2009    3週間経ちました
    ブログを開始して3週目も終わろうとしています。

    途中、投げ出さないで、よく続けてこれたものだと、自分でも驚いています。
    さて、今日は、自分のブログに対しての取り組み方、方針についての話をしたいと思います。

    1. テーマについて

    読まれていてお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、1日1回、基本的に3ファイルをアップロードするようにしています。
    3ファイルのうち、2つは固定テーマで、残る1つは日によって変わる、可変テーマとなります。

    固定テーマ :日常の出来事、FXトレード(FXコラム)
    可変テーマ :FX書籍紹介、DVD鑑賞感想、転職関連

    FXトレードについては翌日報告になるため、前日にトレードが無い日は、FX関連のテーマを題材にしたコラムを紹介したいと思います。
    ただネタあればの話で無理やりには作りません、ネタがない場合は休みということで、、、。

    また、不定期に情報を公開する、不定期テーマというものも用意します。
    これは準備ができ次第、公開いたします。

    不定期テーマ :マイFXストーリー、FX関連シェアウェアの制作(仮題)、FX用語集

    2. ブログ作成の流れ

    次のような流れで作っています。

    それなりに時間がかかっていますので、今後、仕事が忙しくなったりすると、このボリュームは維持できないかもしれません。
    現在はこの不況のせいもあって、残業禁止で定時帰宅なのでヒマです、時間はあります。^_^;

    ・就寝前の1時間 FXトレード、可変テーマ
    ・終業後の1時間 日常の出来事、FXトレードに当日の為替状況を加筆。

    毎日、ノートPCを持参してるので、アップロードは某マックの無線Lanポイントで行っています。
    基本的に、19:00~20:00の間に更新します。

    今後とも、応援よろしくお願いいたします。



  • 【FX】惨敗~G7について

  • 【FX書籍】魔術師たちの心理学
  • 昨夜のNY市場はダウ続落、経済指標悪、からリスク回避指向が強まりました。

    ドル円も一時は88.07まで下落したものの、88.00は堅く反発、結局の88.50~89.10付近のレンジに収まりました。あれだけ悪材料が重なってもサポートされたので、当面は88.00~90.00 に定着するような気もします。

    さてトレードの方ですが、今回は惨敗でした。
    悪材料が重なったので、下への圧力が強まることを確信して、ショートを数回仕掛けたのですが、跳ね返されました。

    88.15 Short 5枚 → 88.35 決済 -10150円
    88.60 Short 5枚 → 88.80 決済 -10000円
    89.10 Short 2枚 → 88.85 決済 +5040円

    朝実施したトレードして分と合わせると2万円近くやられました。

    短期(5、30分)チャートを確認すると、このときは、明らかに「下を目指す展開ではない」ことが確認できます。「思い込みの罠」にはまったようです。
    ファンダメンタル情報に加え、短期チャート(トレンド、サポート、レジスタンス)をチェックしながらのトレードが信条だったのに、、、当然の結果ですね、最近は反省ばかりです。

    日付  回数  収支
    ----------------------------------------
    1/21  4    -18150円

    1月合計 8勝6敗 +50030円

    さて本日は、前日のソニーの過去最大の赤字に転落する業績予想から、国内企業の業績悪化懸念により、日経平均が大幅下落しました。
    リスク回避の円買い→円高懸念で日経平均下落、お約束の負のスパイラル発生です。
    ドル円はじりじりと下げ幅を拡大し、88.50も割り込み、再び87円台が近づいてきました。

    ロンドン市場ではリスク回避の動きが加速しています、欧米株、ダウ先、大幅下落しています。
    ポンドは一時119円を割り込みました、いったいどこまで下落するのか、底がみえません。

    ところで、次月開催されるG7ではポンド安が議題になるようですね。
    当事国のイギリスは、ポンド安は英企業の国際競争力が高まるので、容認しているようですが。
    逆に、輸出企業が総崩れになる中、円高で苦しんでいる日本について、G7関係筋は次のように述べています。

    「日本とは介入に関する絶え間ないうわさについて協議する必要がある」

    ・この時期に為替介入で市場を混乱させるのは好ましくない。
    ・世界的なリセッション下、為替レートの操作で国際競争力を争っている状況ではない。
    ・為替レートは市場に委ねるべきである。

    という趣旨の話かもしれません。
    この文章だけでは真意はわかりませんが、もしそうだとしたら、円高圧力がますます強まること必至です。

    「われわれの関心事は、(金融・経済)危機の最中に為替市場で激しい相場変動を回避し、落ち着きを維持することだ」

    では、G7は為替市場安定のために、一体、何をしてくれるのでしょうか?
    今後も注目していきたいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ



    評価 :★★★★☆

    あまりにも有名な書籍なので、読まれた方も多いと思います。
    逆に読まれていない方は、是非とも読んでください。

    トレードを行う上での心構え、スタイル、検証、計画など、必要なことが全て書かれています。
    素晴らしい本です。投資/投機に関する考え方が変わります。自分は3度繰り返し読みました。

    ただし難点があります、(これも有名ですが)とにかく翻訳が酷すぎるのです。
    投資/投機の知識がない方が翻訳したのではないか、と思いたくなるほどの酷い文章です。
    直訳しただけと思われる、何度読んでも意味が理解できない文章も出てきます。

    でもわからない文章はすっ飛ばして読んでも支障はありません。
    それぐらい、この本には読む価値があります。
    また、数多く出てくる専門用語について、ほとんどは説明されていませんので、初心者が初めて読む本ではないかもしれません、何冊かFX関連の入門書をかじったことがある人の方が理解し、共感できると思います。

    新版が出ているようです(自分が読んだのは旧版です)。
    新版では上記の問題が、少しでも改善されているかもしれません。
    また、ページ数も増えているので、新しく追加されたコラムがあるのかも知れません。

    翻訳がまともなら、間違いなく五つ星のバイブル的書籍です。

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
    昨日はオバマ大統領就任式一色でしたね。
    日本を含め、あらゆる国がオバマ新大統領の"スピーチ"に釘付けだったみたいです。
    就任式の観衆200万人に驚きましたが、TVで視聴している人も合わせると何億人って数になるのでしょうか、あらためてそのスケールに驚かされます。

    さて"スピーチ"といえば、自分には凄く嫌な思い出がありまして、未だトラウマになっています。
    今日はそんな話をご紹介したいと思います。

    自分は前職の会社で、自社製品を紹介するための営業説明員をしていました。
    イベントの展示会場の自社ブースに来る人への商品説明や、取引先企業などに出向いて新製品の紹介などをするのが主な仕事ですが、一度、ものすごい大きなイベントで、商品のプレゼンテーションを任されたことがありました。

    コンサート級の会場で、ホールに集まった人数は1000人近くいたと思います。
    人数は増えてもやることは同じだからと舐めてましたが、実際は全然違いました。
    壇上に上がった瞬間、足がガクガク震えだして止まらなくなったのです。
    1000人の視線というのは、こんなに凄いプレッシャーを生み出すものなのか、、、

    それでも何とか始めたのですが、頭は真っ白になるわ、変な汗がザーザー流れてくるわ、話は途切れ途切れでまともに説明が進みません。
    途中、会場からは「何やってんだ!」と罵声が飛び交うありさま。結局、持ち時間の15分過ぎても、半分も消費できず、途中で打ち切りになりました。

    2年以上積み重ねたキャリアが吹っ飛んだ瞬間でした。
    次月にあっけなくデスクワーク系部署に異動になり、翌年には退職に追い込まれました。

    オバマさんの心臓の毛、一本でもいいから分けてほしいものです。



  • 【FX】凄いナイアガラでした...

  • 【DVD鑑賞】LOST シーズン4
  • 昨夜のNY為替市場は凄かったですね。

    午前0時から、突然ドル円、クロス円が大暴落。
    ドル円は1時間余りで3円も下落、昨年最安値を更新し、87.10を付けました。
    午前0時のNYオプションカットに90.00のオプション清算が大量に観測され、注目されていたのは知っていましたが、まさかこんな展開になるとは。

    反発していたNY株価が急落、ボルカー元FRB議長の悲観的な景気見通し、など悪材料も重なり、さらに投機筋の仕掛け的な円買いも、暴落を加速させた要因になったようです。
    その後ドル円は下げ止まりますが、一部の報道によると、87.00円で日銀の為替介入の噂が流れたことも原因に1つにあるようです。

    ガイトナー次期財務長官の「金融システム安定化の包括的な対策の検討および早期発表」発言が市場に好感され、金融株を中心に買いが膨らみ、ダウが急伸。為替相場でもドルが一気に買い戻され、明け方には89.50まで戻しました。

    さて、トレードですが、金額的には良好な結果が得られました。

    89.15 Short 2枚 → 87.85 決済 +26060円
    87.58 Long 5枚 → 88.22 決済 +32050円

    それまでのトレードで得た利益も合わせると6万円オーバー。
    決済し就寝した直後に爆上げしたことを翌朝知ってちょっと残念でしたが、まぁこれは仕方ないでしょう。リスクを犯して、ポジションを翌日に持ち越す気はありません。

    日付  回数  収支
    ----------------------------------------
    1/21  5    +60120円

    1月合計 8勝5敗 +68180円

    今回のように、わかりやすい相場だと利益も出しやすいですね。
    ドル円の神経質なレンジ相場で試行錯誤するより、一方向に振れやすいクロス円でのトレードの方が楽ちんなのかなぁ、といまさらながら思います。

    そもそもドル円でのトレードに固辞するのは、以前クロス円トレードで大量の金額を失った経験からのリスク軽減が目的ですが、思ったように利益が上がらない(自分のくだらないミスにもよるのですが)現状を考えると心が揺らぎます。

    さて本日は、89円を挟んでの神経質な展開が続いています。
    やはり注目はロンドン以降ですね、欧州株価、ダウ先の状況を睨んだ展開になるでしょう。
    NYでは、やはりダウの状況次第でしょうか、前日大幅高になった反動で反落しそうな気もするので、米国の指標が悪ければ、リスク回避の円買いが再び加速するかもしれません。

    本日、中川金融担当相もコメント出したみたいですね。
    「為替の急激な変動はよくない、注目してみている」
    ハイ、毎度のコメントですね、円高抑制に効果があるんだか無いんだか。
    ニュアンス変えて表現しただけで、介入期待報道されちゃうんで言葉選んでるんでしょうけど。

    また、前日は多額のオプション精算に絡む一時的な動きで、新材料がない限りこのような動きになることはない、という声も聞かれます。

    果たしてどうなるのか、注目したいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
    評価:★★★★★

    全米で放送されているドラマLOSTのシーズン4を見終わりました。

    前シリーズの最終話から使われている「フラッシュフォワード」、これが最高に斬新的でした。
    未来の結果を先に見せて、現在のストーリーでその原因を明らかにしていく、というこの手法にはまりました。

    また、前シリーズまで大量に使われていた、登場人物の過去を明らかにしていく「フラッシュバック」も少ないながらもあります。非常に効果的なところで使われており、自分は完全に”騙され”ました。

    このシーズンでは、今までばら撒かれた伏線を、回収していきます。
    多量の謎が徐々に明らかになっていき、ぼんやりとLOSTでの出来事の輪郭が見えてきます。
    決して強引ではなく、非常に丁寧に描かれているので、無理なく納得できると思います。

    とはいうものの、まだまだ謎は残っています。新しい謎も発生します。
    JJエイブラムズ監督は最終シーズン(シーズン6)の最終話まで、真相はわからない、といっているので楽しみですね。

    また、ソーヤ、ジン、サイード、デズモンドが、どんどんキャラが立ってかっこよくなっていくのに対して、ジャックのダメダメぶりがどんどん際立ってきていますね、見ていて哀れになります。
    シーズン5が、昨日(1/21)から放送開始されているはずです、日本でのDVDレンタルは夏ぐらいですか、待ち遠しいです。


    01/21/2009    オバマ新大統領就任式
    昨日は、オバマ新大統領の就任式がありました。
    テレビでリアルタイムで中継していたのでご覧になった方も多かったと思います。

    突き抜けるような青空、その中で沸き起こる”オバマコール”、ゆっくりと壇上に上がり、そしてメッセージを読み上げるオバマ新大統領。
    圧倒的な存在感、迷いのない口調、強い信念、その堂々とした態度には強いリーダーシップを感じます。そして彼を称えるのは200万人以上の大観衆、圧巻でした。

    やはりアメリカって国は凄いですね、スケールが違います、世界のリーダーと自負するだけあります。その頂点にたつ男、大統領バラク・オバマ。
    パレードには、艶やかな金色のドレスを着たファーストレディ、ミシェル夫人が付き添います。

    かっこいいよ、かっこよすぎるよ、オバマ。
    苦虫を噛み潰したような表情で失言を繰り返す、どこかの国のリーダーを思い浮かべると、なんか恥ずかしくなってきます。

    現在、世界で一番強い通貨、円、今後は円を基軸通貨に!
    冗談じゃない、基軸通貨はやはりドルだ、いやドルでなくてはいけない!
    強いドルは国益、アメリカ万歳!

    大統領就任式で、すっかり洗脳されている自分でした。^ ^;



  • 【FX書籍】FX革命

  • 【FX】ご祝儀妄想トレード
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。