--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の「円高、円安」に関連して、今回は「実効為替レート」を取り上げたいと思います。

昨年の3月にドル円が100円の水準に到達した時、円高による為替介入が話題になりました。
(1ドル100円なんて、今では恐ろしく高い水準になっていますが、、、、)
その時、TVなどで評論家が度々、"実効為替レート"という言葉を使っていました。

「円高なのはドルに対してのみで、円の実効為替レートは、まだまだ安い。今回は円高ではなく、ドル安なのです。」

さて、ではこの実効為替レートとは何か?

一般的に、ドル円の為替レートは100円より下は「円高」、120円より上は「円安」と言われているのは周知のとおりです。
しかし特定の時期、例えば今年1月と10年後の1月が同じ90円だった場合、両者とも同じレベルで「円高」なのかというと、そうとはいえません。
単純に為替レートの数値だけではなく、その当時の米国との貿易取引量や、両国の物価上昇率の違いなどを考慮しなければ、正確には判断することはできないのです。

また日本は米国だけでなく、さまざまな国と貿易をしています。
米ドル以外の通貨に対しても、同じように考慮しなければ、国際市場における当該通貨の実力を知ることはできません。

これらの判断を行う上で使用される指標が実効為替レートであり、「通貨の相対的な実力を測るための指標」といわれています。

実効為替レートには「名目実効為替レート」、「実質実効為替レート」の2つがあり、中央銀行などが算定し、適宜公表しています。いずれも日銀のホームページで閲覧できます。

名目実効為替レート:
自国通貨と他通貨間の為替レートを、相手国との貿易取引量で加重平均し指数化したもの。

実質実効為替レート:
「名目実効為替レート」について、さらに相手国との物価上昇率の違いを調整したもの。


ちなみに、現在、円の実効為替レートは過去最高値に到達しています。
超円高と言われた、1995年の最高値1ドル79円75銭と比較した場合でも、実行為替レートでは、昨年の11月の時点ですでに上回っており、さらに更新を続けています。

いまや、全ての通貨に対して円高であり、「円独歩高」という状態になっています。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
スポンサーサイト
FXやってて、円高、円安が分からないわけないだろう?と言われるかもしれません。
では、円高になると、何故輸出企業が損をして、輸入企業が得をするのか、初心者にわかるように説明してみて、と言われると、意外とうまく説明できなかったりします。

今回は、敢えて「円高、円安」をテーマにしてみました。

円高/円安とは、市場の取引における円の価値を指します。
円の需要が高まり、円買いが多くなると円高となります。
逆に、円売りが多くなり、円の価値が低くなると円安となります。

ドル円レートで考えると、、、、
1ドル100円のレートが1ドル99円になると円高、1ドル101円になると円安になるといいます。。
円高になると輸入企業が得をし、輸出企業が損をします。
円安になると輸出企業が得をし、輸入企業が損をします。

日本は外需に依存する比率が高いので、円高になり輸出企業が損をすると、国内の景気が悪くなると言われます。

円高時の輸出企業、輸入企業の影響を、次のような例で説明しておきます。

輸入企業:

・輸入企業は、商品を買いつける際、米国企業にドルを支払う。
・ドルを調達するためには、円をドルに換金する必要がある。
・円高になり、1ドル100円で換金していたのが、1ドル99円で換金できるようになった。
・換金時、1ドルあたり1円得したことになる。

輸出企業:

・輸出企業は、米国企業に商品を販売し、代金をドルで受け取る。
・従業員に給料を払うため、受け取ったドルを円に換金する必要がある。
・円高になり、1ドル100円に換金できたのが、1ドル99円の換金になってしまった。
・換金時、1ドルあたり1円損したことになる

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
FX関連のブログなどで、100Pips抜いた!などと記載されている文章を見かけます。
ドル円など、円がらみの通貨ペアでは1円分の差益を得たことは直感的にわかりますが、円がからんでいない通貨ペアでも使われていたりします。
ではPipsの定義は、そもそもどういうものなのでしょうか。

Pips は"ぴぷす"と読みます。
取引レートの最小単位、"ポイント"とも呼ばれることもあり、表示されているレートの最小桁を表わします。

例)
ドル/円では、100.05 など小数点第2位まで表示され、1pips = 0.01円(1銭)となります。
ドル/円 100.05 が 100.10 に上昇した場合、5pips上昇したことになります。
従って、1万通貨購入した場合、10000通貨×5pips×0.01円 = 500円 の利益が出たことになります。

では円がからんでいない通貨ペアはどうなるのか?

ユーロ/ドルでは、1.3005 など小数点第4位まで表示され、1pips = 0.0001ドルとなります。
ユーロ/ドル1.3005 が 1.3010に上昇した場合、5pips上昇したことになります。
従って、1万通貨購入した場合、10000通貨×5pips×0.0001ドル = 5ドルの利益が出たことになります。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。