--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も仕事は、無気力、モチベーションなし。
下手したらアルバイトのお姉ちゃんでもできるような仕事を、マシーンのようにこなしている。
とはいうものの腐っても正社員。
給料はそれなりにもらっているのだから、同僚の派遣社員とかは自分の存在がむかつくらしい。

まぁ、ごもっともです。
自分が逆の立場でもそう思うよ。
ということで、他の同僚には総スカンされている。
昼飯はいつも一人だし、話もほとんどしない。
1日の会話が「おはようございます」「お疲れ様でした」の2言な日なんて普通にあったりする。

でも正社員は、よほどのことはない限りクビにならない。
だから、責任もなくて簡単な仕事しかさせてもらえない、今の立場は、考えようによっては悪くはない。
空いた時間に転職活動でもすればよいのだけれど、どっぷり漬かったぬるま湯体質はなかなか抜けられない。

このままじゃ、本当にヤバイと思うけれど、体も動かないし、やる気も起きない。
ダメ人間て自分のこと言うんだろうな、、、と泣いた。
もう、寝よう。

でも、また明日は必ず来るんだよね。
嫌だな。
スポンサーサイト
02/05/2009    【DVD鑑賞】20世紀少年
評価:★★★☆☆

凄いキャスティングですね。

好きな俳優さんがたくさん出たので、それだけでわくわくしました。
原作は読んでいないのですが、わりと面白かったと思います。
自分がケンジ達の世代と同じであることもあったのかもしれませんが。

ただ、子役の演技は正直ダメですね、かなり 棒読みでした。
"大人"の俳優さんたちの演技が素晴らしかっただけに残念でした。

邦画にしては、よく頑張った方だと思います。


01/29/2009    【DVD鑑賞】ハンコック
評価:★★★☆☆

面白かったというより、楽しかったと言った方が正しい表現かもしれません。
ウィル・スミスが空を飛んだり、着陸で道路を壊したり、車投げたり、走ってる電車止めたり。
SFXは本当に素晴らしかったですね、巨額をかけただけあります。
逆にこれがしょぼいと、どうしようもないB級映画になり下がってましたけど。

以下ネタバレ注意。

女性の超人は必要なかったと思います。
その辺から内容がつまらなくなります、ハンコックが改心するところまでは最高だったのに。

後半は前半と変わってシリアス路線、変にストーリーをひねっていています。
王道ですが、悪役超人でも出して、壮絶なバトルさせるだけで十分面白かったのに、何故、恋愛、お涙頂戴路線にいくのか...。

あと、キーパーソンである、レイとその子供アーロンの影が薄すぎ、存在感がまるでない。
というかウィル・スミスの存在感が相変わらず圧倒的でした、この人は本当に凄いね。

評価:★★★★★

全米で放送されているドラマLOSTのシーズン4を見終わりました。

前シリーズの最終話から使われている「フラッシュフォワード」、これが最高に斬新的でした。
未来の結果を先に見せて、現在のストーリーでその原因を明らかにしていく、というこの手法にはまりました。

また、前シリーズまで大量に使われていた、登場人物の過去を明らかにしていく「フラッシュバック」も少ないながらもあります。非常に効果的なところで使われており、自分は完全に”騙され”ました。

このシーズンでは、今までばら撒かれた伏線を、回収していきます。
多量の謎が徐々に明らかになっていき、ぼんやりとLOSTでの出来事の輪郭が見えてきます。
決して強引ではなく、非常に丁寧に描かれているので、無理なく納得できると思います。

とはいうものの、まだまだ謎は残っています。新しい謎も発生します。
JJエイブラムズ監督は最終シーズン(シーズン6)の最終話まで、真相はわからない、といっているので楽しみですね。

また、ソーヤ、ジン、サイード、デズモンドが、どんどんキャラが立ってかっこよくなっていくのに対して、ジャックのダメダメぶりがどんどん際立ってきていますね、見ていて哀れになります。
シーズン5が、昨日(1/21)から放送開始されているはずです、日本でのDVDレンタルは夏ぐらいですか、待ち遠しいです。


評価:★★☆☆☆(2点)

ターミネーター2からターミネーター4へつなぐためのエピソードを描いたドラマです。
ターミネーター3はパラレルワールドでのお話ということになるらしいです。
まぁ、3については全く記憶に残っていないほど失望したので、それはそれでよかったような気がします。

以下、ネタバレ注意。

かなり期待して見たのですが、今のところ期待外れ感が強いです。
ストーリーは次の点を中心に進められます。

・止めたはずの”審判の日”が復活したことによる謎解き、再度阻止へ
・新たに送り込まれたターミネーターとの戦い
・ジョンを守るために来た美少女型ターミネーターの活躍と目的
・ジョンの成長(親離れ?)

相変わらず、鬼ごっこ→ドンパチのパターンなので斬新さはありません。
また、違和感が残る描写があり、突っ込みたくなるところも少なくありません。

・美少女型ターミネーター「キャメロン」は、登場当初は表情豊かで、可愛くキュートな女の子だったのに、ターミネーターだと名乗った時から突然、無口、無表情、冷徹、になってしまう。
なんかわざとらしくて嫌だ。

・「ターミネータは頭部のチップさえ残っていれば、自己修復機能で復活する」って、エヴァの使途ですか?

・敵方ターミネータが旧式なのはまだ目をつぶるとして、皮膚が全部禿げてしまい、復活させるための過程を描いたエピソードがある。
怪しげな計算式など、未来の技術を科学者に見せ、人工的に細胞を生成したり、整形手術を受けたり、とリアリティを出しているが、でもそしたら、液体金属なのに、自由自在に人間に化けられたT-1000の技術はなんなのさ、超越しているよー、とか。

まぁ、まだ4話しか見ていないので、これから先どうなっていくのか。
ターミネータファンとして、期待していきたいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。